妊婦でも便秘に悩まない【食生活で腸もスッキリ】

更年期に起きる症状

中年女性

使われるホルモン剤の特徴

更年期障害とは、更年期によるホルモン分泌のバランスの乱れが起き、それに伴ってほてり・急な大量の発汗・イライラ・不安になるといった様々な症状が出てくることです。これには、女性ホルモンのエストロゲンが大きく関係しており、主な治療法の例として「ホルモン補充療法」というものがあります。これは更年期障害の原因となっている、減少するエストロゲンを飲み薬や貼り薬などで補充し、様々な症状を軽減するという療法です。また、子宮を持つ女性にエストロゲンのみの投与をしてしまうと、子宮体がんのリスクを高めてしまうため、子宮体がんを予防する黄体ホルモンを併用する必要があります。しかし、投与期間が三ヶ月以内で済む場合、子宮内膜に影響はないため、黄体ホルモンの併用をしないそうです。

ホルモン剤の副作用

更年期障害と関係の深いエストロゲンを投与した際には、副作用が起こります。まず、ホルモン補充療法の代表的と言われる副作用として「不正出血」が出ると言います。他にも、乳房の張りや下腹部痛が起きますが、体が慣れてしまえば治まりますが、薬の回数や量を調節して症状をなくす事も可能です。また、子宮がんのリスクが高まると言われています。これはエストロゲンのみの投与を長期に渡って行う事が原因とされ、胃のむかつきやむくみなどが出た場合には病院を受診しましょう。これらの更年期障害の治療に使われる薬である、エストロゲンのホルモン剤の投与による副作用は、続けると自然に治まる事が多く、薬の種類を変える事によっても対処出来るため、自己判断で薬の服用を中止しないようにしましょう。