妊婦でも便秘に悩まない【食生活で腸もスッキリ】

微生物ダイエット

お腹

微生物ダイエットというジャンルを切り開いたのが、株式会社ミオナから販売されている「シースルーライト」というサプリメントである。乳酸菌や麹菌、酵母菌といった微生物がバランスよく配合されており働きかけてくれるようだ。

Read More...

更年期に起きる症状

中年女性

更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンが大きく関係するものだという事が分かります。また、治療薬とされるホルモン剤の副作用は工夫する事によって、症状をなくす事が出来るため、医師と相談しながら治療に望みたいものです。

Read More...

妊娠中の体

お腹を触る妊婦

原因は

妊婦は便秘になりやすいと言われています。一般の女性の中にも便秘で悩んでいる人はいますが、妊婦の便秘には様々な原因があります。まず最初に考えられるものとしては、ホルモンバランスの乱れです。妊娠すると、体内に栄養を蓄えようとする働きが出て、水分も体内から出ないようにする働きが起こります。すると腸の働きを鈍くしてしまい、便秘になりやすくなります。次に考えられる原因は、つわりによる食生活の乱れです。つわりにより食べられるものが限られてしまうと栄養が偏り、便秘になります。最後の原因としては、運動不足です。妊娠すると、つわりがひどかったり、体がだるくなって運動をする機会が減ってしまいます。妊婦後期になるとお腹が大きくなり運動をするのも辛くなります。すると、腸の働きに影響がでてきてしまうのです。

改善方法

妊婦の便秘を改善するにはどのようなことをすればよいでしょうか。一番大切なこととしては、水分をたくさんとることです。どんなにつわりが酷くても、お水を飲むことだけでもすることが大切であります。もし、お水が飲めないようなら、お茶でも、スポーツドリンクでもとにかく水分をとることが重要になります。次に大切なのは、食物繊維を多くとることです。食物繊維には大きく分けて二種類あり、水溶性と不溶性があります。水溶性は主に、えんどう豆などにあり、不溶性はおくらなどに含まれています。これらの食物繊維をバランスよくとることが重要であるといわれています。また食事に関しては、乳酸菌も多くとることが良いでしょう。乳酸菌は便秘解消にすごくいいと言われているのとともに妊娠中に摂取することが良いとも言われています。